SILVER ART KAORI ダイアリー

★2005年8月25日 【マ・シェリ№553】掲載




2005年8月25日 【マ・シェリ№553】掲載

                            ジュエリーは私の心   
   ジュエリー作家 千葉香さん
    ~自ら生み出した
           新しい接合技術~
涼やかな銀のブローチやペンダント、指輪にチョーカー。あるものは曲線だけで構成されていたり、またあるものは銀の絹糸をふんわりまとっていたり…。盛岡市在住の千葉香さんが作るジュエリーは、銀の硬質なイメージを覆すような、柔らかで優美な雰囲気が漂っています。

いずれの作品も、驚くほど細やかな細工が施されているのが特徴で、自分を美しく飾りたいという女性の心をくすぐるものばかり。この細やかな銀細工は、アートクレイシルバー(銀粘土)の技法と、彫金技法を融合して生み出されたもの。
純銀の微粉末と水、結合財を混ぜて粘土状にしたアートクレイシルバーは、細い線を作ったり、竹串などで直接模様をつけたりと、自由自在な成形が可能。一定の温度で焼くと、純銀だけが残る仕組みになっています。たがねでコツコツ彫っていく彫金に比べると、比較的手軽なクラフトですが、残念ながら郷土は今ひとつ…。

そこで千葉さんが試行錯誤を重ねて開発したのが、今までは難しいとされてきた、地金とアートクレイの接合技術でした。造形力はあるものの強度が足りないアートクレイと、強度は問題なくても造形には時間も技術も必要な彫金。一般のジュエリーとして使用にに耐えうるものを作るためには、この両者をつなぐ接合技術がどうしても必要だったのです。

~ひとりで仕上げる一品制作~
一般的にジュエリーは「デザイン」「制作」「石留め」など、それぞれの工程に専門の職人がいて、分業化が進んでいます。けれども千葉さんは、「すべての工程を自分ひとりで作りたい」と孤軍奮闘。様々なコンテストで入賞を繰り返すようになった今でも、毎月東京に出かけては新たな技術を学び続けています。

「私、技術の習得には貪欲なんです(笑)。 盛岡にクラス1人の人間が、本気でジュエリー作りに取り組んだらどこまでできるものなのか、やっぱり挑戦したいですね」

開発した接合技術は特許申請中。また、そのノウハウは多くの人にアートクレイシルバーと彫金に親しんでもらいたい、という思いから、2冊の著書で公開。最近ではべっ甲や漆など、更なる異素材との組み合わせに夢中になっているのだとか。

「美しいものが好き」と話す千葉さんの胸元には、自身の手によるペンダントがキラリ。個性豊かな輝きを放っていました。

★2005年8月25日 【Cocoa 9月号】掲載


2005年8月25日 【Cocoa 9月号】掲載

 銀アクセサリーの
  未来を創った
    ジュエリーデザイナー

銀細工の可能性を大きく広げたアトリエが盛岡にある。ジュエリーデザイナーで、自らも製作者の千葉香さんが主宰のSILVER ART☆KAORIだ。千葉さんは、これまで不可能とされてきたアートクレイシルバー(銀粘土)と彫金の接合技術(現在特許出願中)を用いて、細やかな表現を活かしたジュエリーを製作する。
「ものづくりには、伝統の手法を踏襲するだけではなくて、新技術を取り入れることも大事」。
だから千葉さんの作品には、こだわりと自由が同居している。じっくり眺めてみて。なお、自作してみたい方のために、銀細工教室も開催しているので、お気軽にお問い合わせを。
○●○SILVER ART☆KAORI○●○
〒020-0015 岩手県盛岡市中ノ橋通1丁目3-21
電話:019-652-5725
銀細工教室レッスン料¥3.500~
(↑注)2006年掲載当時の旧連絡先です。

★2005年8月25日 【岩手日報】掲載


2005年8月25日 【岩手日報】掲載


 ~伝統技術を装飾品に~

アクセサリー制作の技術解説の本を昨年に続き出版した、ジュエリー工房主宰千葉香さん(盛岡市)は、「応用編なので前回よりは難しい内容だが、大掛かりな設備のない一般の方でも作れるよう、できる限り工夫した」と、満足げな表情をみせている。

紹介したのは、自ら編み出した「銀粘土と他の金属との結合技術」を用いた作品4点。べっ甲を組み合わせたものは、かんざしなど「和」の趣を盛り込んだ。伝統工芸の素材であるべっ甲の加工について、一般向けに書かれた本は珍しいという。
「べっ甲のつややかで素敵なぬくもりは、生き物の命を映し出しているからで、大事にしたい。日本の伝統工芸技術を絶やしたくない」と言い、ハイテク素材や新技術と、伝統技術の双方を生かしたアクセサリーの魅力を訴える。

★2006年8月13日 【河北新報】掲載



2006年8月13日 【河北新報】掲載

 ★心のありようを表現

 人はなぜアクセサリーを身に着けるのか、外見を飾ることだけが理由ではなかろう。気持ちを奮い立たせたり、和らげたり…。自分らしくあるための小道具なのだと思う。シルバーを中心とした一点物のオリジナルジュエリーを制作している千葉香さん(39)は、作品に「人生を美しく生きよう」という思いを込めている。
 昨年末、「ペ」というシリーズを発表した。銀に黒真珠、べっ甲を組み合わせた。タイトルは、ものを吐き出す音。「心の中の嫌なものを吐き出し、さあ前を向いて生きていこう、という気持ちを表現しました」
別のシリーズでは、どの方向から見ても違うデザインを、チョーカーとリングで見せた。人の心は一通りではないという意味が込められている。「その時々に自分の心が感じたことを形にしています」と言う。
★工房を訪ね歩く
 1990年、独学で彫金を学び始めた。分からないことがあると、全国の工房を訪ね歩いた。門前払いされることも珍しくなかった。伝統工芸の技術を学ぼうと、べっ甲職人の元を訪れたこともある。「いばらの道でしたね。美術系大学で学んだ人はいわばサラブレット。私は経験も知識も乏しく、スタートも遅かった落ちこぼれ」。それでも作ることは楽しかった。「オセロの駒を白から黒に変えるように、技術の隙間を埋めていきました」
 焼成すると純銀になるアートクレイシルバー(銀粘土)を使った、手の込んだ銀細工が千葉さんの特技だ。銀粘土は加工が容易だが、彫金に比べると強度が足りない。業界では手芸の域を出ないと言われていた。しかし、その柔らかで細やかな表現力は捨てがたい。研究を重ね、難しいとされていた地金と銀粘土を接合する技術の開発に成功。サラブレットに負けない努力が、シルバージュエリーの可能性を大きく広げた。
★学ぶ人へ開放 
 特許出願中だが、2冊の解説書で技術を余すことなく公開している。「学びたい人に門を広く開けてあげたいと思うので」。自分が苦しんだ経験がそうさせた。「高価なプラチナやゴールドではなく、身近なシルバーで日本女性の美しさを引き立ててあげたい」と言う。組み合わせるの石の1粒1粒でも、ルーペで確認して選んでいる。二百本余りの「たがね」は全て自作。ネット販売はせず、1つ1つ顧客に手渡す。
千葉さんのジュエリーを見ていると、美しさとは形ではなく、人それぞれの心のありようなのだと、改めて感じる。(生活文化部・安部樹) 千葉さんの作品は、仙台市青葉区のせんだいメディアテークで開催中の「日本ジュエリーアート展」に展示されている。16日まで

★2005年8月2日 【岩手日報】掲載


2005年8月2日 【岩手日報】掲載

銀粘土とべっ甲でアクセサリー考案 千葉さんが解説本
盛岡市中ノ橋通1丁目、ジュエリー工房主宰の千葉香さん(38)は、自ら編み出した「アートクレイシルバー(銀粘土)と他の金属との結合技術」を用い、さらにべっ甲や漆を組み合わせた新鮮なアクセサリーを考案、「一般の人にも制作技術を伝えたい」と、解説本をこのほど出版した。

本は「アートクレイ+彫金技法の応用」(美術出版社 1890円)で、昨年出版した「同(基礎)」に続く第二弾。べっ甲のクロス(十字)ペンダント、UV樹脂(紫外線強化樹脂)を塗り、オパールを散らしたかんざし、レースをモチーフに銀を縫って作る指輪など、4点の作り方を掲載した。

いづれも銀粘土の自由な造形と、地金の強度の双方を生かす独自の技術(特許申請中)を応用している。中でもべっ甲ペンダントは、若者に人気の銀クロスに日本の伝統工芸を組み合わせ、新たな魅力を湧き出した。べっ甲は輸入規制されているが、東京の一部百貨店で手に入る。

千葉さんは「伝統の技術や「和」の魅力を広めたい。黒く変色しない耐硫化銀粘土などの新素材と伝統の技。それぞれの良さを融合させて、すてきなアクセサリーが作れれば」と願う。技法を学びたい人のために教室も開催している。詳しくは千葉さん(019-652-5725)へ。

創作ジュエリー工房・ショップ・教室
SILVER ART KAORI
〒020-0871 岩手県盛岡市中ノ橋通1-1-21
ホテルブライトイン盛岡2F(→MAP
Tel&Fax:019-652-5725
Mobile:080-1850-4345
Mail:ck@silverartkaori.com
FACEBOOK

千葉 香の工房と、制作された作品を直販する唯一の公式店舗です。
毎週火・水・木・金 13:00〜19:00/不定休
(ご予約にて上記以外もOPEN可)

彫金作家☆千葉香が生み出す、伝統技術や特許技術を駆使した「日本女性の美しさ」がテーマの創作オリジナルジュエリー。
© 創作ジュエリー工房 SILVER ART KAORI 彫金作家☆千葉香