SILVER ART KAORI ダイアリー

紫陽花

千葉香が創作する紫陽花…
やっと火をかけ終わりました
後は研磨と石留に入ります✳︎

ささやかな心配

ささやかな心配🌿

育てて来たアマリリス✳︎
もうすぐ咲くよ✳︎*\(^o^)/*
どんな色のどんな美人さんが咲くのかな〜✨

でもずっと心配してた…💦
また東京の家滞在期間に満開を迎えたら…_| ̄|○

満開が見たいょ!>_< 間に合うかな…💦 ちょっと心配…来週〜東京

切ないエドヒガンザクラ

かけがえのない人…
切ないエドヒガンザクラ🌸

もう一度満開の桜が見たくて
桜旅 北へ…芦野公園🌸
あと少しで竜飛岬だょ!(笑)
エドヒガンザクラは控えめで清楚・上品な美しさだね…🌸

何故2枚同じ様な写真を載せたかって…⁉️ 気になって気になって…

桜もいいけど…右下にお爺ちゃんが写ってるでしょ〜
お爺ちゃんが忘れられないの…🌸

首からお婆ちゃんの写真をペンダントにしてぶら下げて…
ゆっくりゆっくり桜を2人で見ながらお散歩してるのね……🌸

きっと…とっても…かけがえのない…大切な女性だったんだろうなあ〜

失った悲しみ…もう一度会いたくて仕方ないんだろうなあ〜

お婆ちゃんは桜が好きで…芦野公園の満開の桜を2人で見た素敵な思い出の桜だったんだろうなあ〜🌸

体は亡くなっても2人で生きてるんだろうなあ〜
そんな硬い絆の人と出会える人生って…かけがえのない素敵な人生だなあ…
っと…想像してしまう 切なくて切なくて…エドヒガンザクラ

31732294_1796580613771719_7821193694362468352_n

31772896_1796580620438385_6402110583931404288_n

狐や狸?精霊達の桜祭?

狐や狸?精霊達の桜祭?
世にも奇妙な不思議なお花見でした🌸

もう一度満開の桜が見たくて北の果てまで旅に出た帰り道での事…
煌めく最高の日本海の極を走る五能線…
片側海、片側 世界遺産白神山地…
そんな山奥の無人駅白神山地での真っ暗な夜道…
麓から山奥に向かって
遠〜〜くに沢山の華やかな ぼんぼりが真っ暗闇に賑わっていた…桜祭だ🌸

わあ〜❣️素敵❣️楽しそう❣️幻想的❣️行ってみたい❣️
そんなウキウキした気持ちで、この旅最後の…今年最後の桜祭を見に歩き始めた…

ところが どうやってぼんぼり迄行けるのか?真っ暗闇で道がない(笑)
歩けど…歩けどなかなか着けず…
やっと辿り着いた桜祭…🌸

恐い…感じ…(笑)
変な…感じ…(笑)
背筋が凍る感じ…(笑)

あんなに賑わっていたのに…
辿り着いたら…
誰1人いない…
音も無い…
勿論 出店などある訳ない…
山奥へと誘導するかの様な
ぼんぼりだけ…

何だっだんだろう…?
確かに…何か…恐い感じ…(笑)
春の肝試しか(笑)

風の音…森のザワめく音でさえビックリして後ろを振り返るのが恐いくらい…
帰り道は長い(°_°)

今思えば真っ暗闇をよくあんなに歩いて行ったものだ…(笑)
迷い無く一心に向かってたょ(笑)冒険家としてはしゃ〜ないね〜(笑)
無事…帰れて良かった(笑)
31671314_1796030867160027_841716369136287744_n

31747835_1796030917160022_7255216175544532992_n

シークレットマン

シークレットマン
忠誠とは…任務と生き方の狭間に人生がかかる…
運命はその人の性格の中にあり…そんな映画でした

PROFILE 千葉 香のプロフィール
書籍・特許技術
詳しく見る
GALLERY 作品美術館
過去作品アーカイブ
詳しく見る
LESSON 創作シルバージュエリー教室
随時生徒募集中
詳しく見る
MADE-TO-ORDER オリジナルのオーダーマリッジリング
セルフシルバー体験制作など
詳しく見る
NEWS & BLOG 全国での展示販売会や
個展開催情報
詳しく見る
ONLINE SHOP SILVER ART KAORI
オンライン通販ショップ
詳しく見る
創作ジュエリー工房・ショップ・教室
SILVER ART KAORI
〒020-0871 岩手県盛岡市中ノ橋通1-1-21
ホテルブライトイン盛岡2F
Tel&Fax:019-652-5725
Mobile:080-1850-4345
Mail:ck@silverartkaori.com

千葉 香の工房と、制作された作品を直販する唯一の公式店舗です。
毎週火・水・木・金 13:00〜19:00/不定休
(ご予約にて上記以外もOPEN可)

彫金作家☆千葉香が生み出す、伝統技術や特許技術を駆使した「日本女性の美しさ」がテーマの創作オリジナルジュエリー。
© 2016 創作ジュエリー工房 SILVER ART KAORI 彫金作家☆千葉香